スーパーボールと回転盤:remarkably effective props!

最近頻繁に使っている小道具で絶大な効果を発揮しているのがこちら

スーパーボールと回転盤です。

普段は靴を履いて過ごしている時間の方が長く、日常生活の中で足の指や足の裏を意図的に使って何かする必要というのはほとんどなく、足先は頭から最も遠く離れた末端にあるので意識も感覚も薄くて思うように動かせないという方も多くいらっしゃいます。

しかし、床にうつぶせになって行うレッグワークの時に腹筋と腿裏と内腿のスイッチを入れ、下腹部から脚の付け根を通ってつま先までつながりを維持して動かすために足でスーパーボールを掴んで足の裏にもちゃんと意識が向くようにすると、実はこれが予想以上にものすごい効果を発揮し、短期間で見違えるほど足の裏の感覚が覚醒しました。土踏まずも小指側のアーチも引き上がり、指がしっかり動くようになって、小指側や親指側に傾かないでまっすぐ足の裏が床につくようになりました。

そしてもう一つは回転盤です。二つの回転盤の上に四つん這いになって両手両膝を乗せ、カールしておへその下(丹田/シードセンター)を引き上げたまま骨盤と肩を両方近づけて脇をできるだけ縮めます。下腹が抜け落ちてしまわないようにナローし続けながら骨盤と肩を均等に寄せて脇を縮めるのがとてもキツいですが、どこにスイッチが入ればいいのかが一発で分かります。これをやってからサイドアーチとコンビネーションを行ったら首から肩と脇にかけてとても良く開いてすっきり伸びました。

思いのほか身体からのフィードバックが速かったので、しばらくこれを続けてどんなふうに変わっていくか試してみたいと想っています。

広告